学習教材

書籍
ICTアクセシビリティアドバイザー認定試験 公式テキスト

発行:一般社団法人日本支援技術協会
執筆:金森克浩、島治伸、高松崇、田代洋章、福島勇

目次:
ICTアクセシビリティ アドバイザーの役割
第一章 障害を理解する
1. 障害観の変化
(1) 障害とは何か
(2) 産業構造と障害者
(3) 戦前の障害者対策
(4) 医学モデルの考え方
(5) 障害とは何か(ICIDH)
(6) 障害とは何か(ICFの考え方)
2. 社会の変化
(1) 厚生労働白書など
(2) 人口減少社会
(3) 人口減少・高齢化の問題点
3. 障害の種類
(1) 障害者の権利に関する条約
(2) 国内法に見る障害の種類
4. 関係する法令
(1) 各障害・全体施策に関する法律
(2) 国際的な背景の影響
(3) 心身障害者対策基本法の改正
(4) 障害者施策に関する長期計画
(5) 障害者基本法の改正(2004年)
(6) 代表的な法律の概要
(7) 障害者基本法の改正(2011年)
(8) 福祉サービスの例
(9) 障害者差別解消法について

第二章 テクノロジーを理解する
1. テクノロジーと人間
(1) テクノロジーの発達
(2) テクノロジーの動向
2. 障害とテクノロジーの関係
(1) 障害者とSociety 5.0
(2) テクノロジーが障害を解決する
(3) テクノロジーが生み出す障害
3. アクセシビリティ
(1) ユニバーサルデザイン
(2) バリアフリー
(3) アクセシビリティ
(4) アシスティブテクノロジー
(5) 共生社会

第三章 OS標準のアクセシビリティを理解する
1. Windowsのアクセシビリティ
(1) 見ることが困難
(2) 聞くことが困難
(3) 操作することが困難
2. iOS/iPadOSのアクセシビリティ
(1) 見ることが困難
(2) 聞くことが困難
(3) 操作することが困難
(4) アクセスガイド
(5) Siri
(6) アクセシビリティのショートカット
3. AndroidOSのアクセシビリティ
(1) 見ることが困難
(2) 聞くことが困難
(3) 操作することが困難
4. macOSのアクセシビリティ
(1) 見ることが困難(視覚サポート)
(2) 聞くことが困難(聴覚サポート)
(3) 操作することが困難
(4) Siri
5. OS標準のアクセシビリティ機能利用に役立つ周辺機器
(1) マウス操作を補助・代替する製品
(2) キーボード操作を補助・代替する製品
(3) アシスティブスイッチ
(4) スイッチインターフェース
(5) 姿勢保持と固定具

おわりに
執筆・編集協力
引用・参考資料

※本書は、有限会社ケー・アンド・エフ コンピュータサービスが開発した e ラーニングシステム【「アシスティブテクノロジーアドバイザー」育成プログラム】のコンテンツを改訂・編集し、発行いたしました。

eラーニング
アシスティブテクノロジーアドバイザー育成研修

https://at-advisor.jp/
運営:有限会社 ケー・アンド・エフ コンピュータサービス

PAGE
TOP